ホ別2
私は人生に疲れていました。働いて帰ってきても愚痴ばかり言われ、気が休まる場所がありませんでした。結婚してから私たち夫婦には子供がいませんでした。お互いが子供を望まなかったわけではありません。不妊治療をすることもなく、時の流れにまかせていたら気がつけば妻は子供ができない年齢になっていたのです。それを、妻は私が仕事ばかりで妻のことを考えてないからこんなことになったんだと私を責めるようになりました。本当は子供が欲しかったのに、仕事で忙しそうだったから言えなかったというのです。私としては何を今更いうのかと思っていました。そのことがきっかけで私たちの間には溝ができるようになりました。口を開けば、私への不満を口にする妻。私は次第に家には帰りたくなくなっていきました。いっその事、離婚したほうがいいんじゃないのかと思いましたが私の口からはそんな事はいえません。妻の言い分を全て肯定するわけではないですけど、妻がいう事も一理あるからです。確かに、私は仕事ばかりで妻にかまってあげる時間がありませんでした。妻はもともと主張する性格ではないため、我慢をしてくれていたのでしょう。それを思うと、私の口からは離婚なんて言葉、口にはできませんでした。そんな時、出会い系サイトで知り合った女性がいるJCリフレに行く事になったのです。私は抵抗感しかありませんでしたが、行ってみると可愛らしい女の子がいて気さくに話かけてくれました。私は、話しているうちに、その女の子が実の娘であるような錯覚に陥っていたのです。私にこれくらいの年齢の娘がいてもおかしくはありません。子供がいたらこのくらいの年齢なんだろうなと思っているとその女の子が次第に娘のように思えてきたのです。今では娘に会いに行くような感覚で一ヶ月に2回くらいは行っています。
援助掲示板
JKリフレ

今日のアクセス:1/昨日のアクセス:0
トータルアクセス:1


メール

無料携帯ホームページレンタル-Thunder
新規作成

友達に教える

管理